Speaker
Guest Speaker

Dr. Mark Zandi

チーフエコノミスト
マネージング・ディレクター
Moody's Analytics
Moody's Analytics
チーフエコノミスト
マネージング・ディレクター

Dr. Mark Zandi

ムーディーズアナリティックス(ムーディーズ・コーポレーションの子会社で、経済リサーチ、データおよび分析ツールの大手プロバイダー)のチーフ・エコノミストで、経済リサーチを統括する。2005年にムーディーズが買収したEconomy.comの共同創始者。

マクロ経済、金融市場、公共政策など幅広い分野を研究対象とする。最近では、住宅ローン改革や住宅ローン差し押さえと自己破産の決定要因に焦点を当てる。これまでに、さまざまな税政策および歳出政策の経済的影響の分析や、資産市場バブルに対する適切な金融政策の評価を手掛ける。

政策決定者が信頼を寄せるアドバイザーであり、実業界、ジャーナリスト、一般を対象とした経済分析の有力者として、経済見通し、国の困難な財政問題、財政刺激策のメリット、金融規制改革、および住宅差し押さえ軽減等の議題について、これまで頻繁に議会証言を行う。

企業の取締役会、事業者団体、および政策立案者を対象に、あらゆるレベルで経済に関する定期的な説明会を開催。また、米国最大の民間モーゲージ保険会社であるMGICと貧困地域への投資を行うコミュニティ開発金融機関(CDFI)であるReinvestment Fundの取締役を務める。しばしば国内外の出版物でコメントが引用され、主要ニュース・メディアのインタビューを受ける。また、CNBC、NPR、ミート・ザ・プレス、CNN、およびその他さまざまな全国放送のプログラムやニュースに頻繁にゲストとして招かれる。

リーマンショック後の金融政策や財政政策を評価した Paying the Price: Ending the Great Recession and Beginning a New American Centuryを執筆。別の著書 Financial Shock: A 360º Look at the Subprime MortgageImplosion, and How to Avoid the Next Financial Crisis では、ニューヨークタイムズ紙より金融危機の「最も明確な解説書」と評される。

ペンシルベニア大学ウォートン・スクールで理学士取得、ペンシルベニア大学でPhD取得。妻と3人の子供とフィラデルフィア郊外で暮らす。

Upcoming Events

No Upcoming Events

Featured Speaker:

No Upcoming Events